農村の復興
 

金次郎が桜町の復興で取り組んだこと
 ・10年間は金次郎に一任(全責任・権限を金次郎のもとへ)
 ・土地を耕すとともに、人の心を耕し、働く喜びを持たせる。(心田開発)

人口増加
人口増加

 

他の村からの移住、婚姻をすすめた。

 

 

借金対策
借金対策

 

農民が借金を返済するよう努めさせ、全て返済をした農民へは褒美を与えた。

 

荒れ地開発
荒れ地開発

 

荒れ地を田畑に開墾して収穫を多くするようにした。

 

 

灌漑治水整備
灌漑治水整備

 

水を確保するため、堰や堀を作ったり、改修したりした。

 

 

廻村
廻村

 

農地や田畑、荒れ地などの土地を隅々まで見回った。

 

 

◇天保4年の凶作のとき◇
 

◇天保7年の凶作のとき◇

1戸当り平均雑穀5俵を準備した。
これ以外に、米俵あり。

1人当り平均雑穀5俵を準備した。
陣屋倉庫には、1000俵を保管していた。

交通基盤の整備
交通基盤の整備

 

道路を整備したり、橋を改修したりした。

 

 

貧困者への救済
貧困者への救済

 

生活の苦しい者には、米や金などを与えた。

 

 

田畑の基盤整備
田畑の基盤整備

 

作物の生育にとって悪い畑を掘り下げ、田にした。

 

 

農家の修繕援助
農家の修繕援助

 

農民が家を修理するのを援助した。

 

 

備荒対策
備荒対策

 

凶作に備えて事前に穀物を作らせ、食物を確保した。

 

 

表彰
表彰

 

よく働く農民を村人に投票させて選び、表彰した。