尊徳関連年表

西 暦 和 暦 年令 尊 徳 翁 周 辺 の 出 来 事
1698 元禄11   小田原藩大久保家より分家した旗本の宇津家(教信)が桜町領4000石を分地される(桜町領の起源)
1699 元禄12   桜町陣屋を創設する
1787 天明 7 二宮金次郎栢山村(現小田原市)に生まれる
1790 寛政 2 弟「友吉」生まれる
1791 寛政 3 酒勾川決壊、田畑流出する
1799 寛政11 13 松苗200本を買い、酒勾川に植える
弟「富次郎」生まれる
1800 寛政12 14 父「利右衛門」が亡くなる(享年48歳)
1802 享和 2 16 母「よし」が亡くなる(享年36歳)
一家離散する
金次郎は伯父万兵衛方に寄食する
1803 享和  3 17 菜種を収穫
空き地に捨苗を植え、米1俵を得る
「積小為大」の理を体得する
1806 文化 3 20 独立し、二宮家再興に着手する
1810 文化 7 24 田畑1町4反余となる
1812 文化 9 26 小田原藩家老服部家の若党となる
1817 文化14 31 「きの」と結婚
田地3町8反余となる
1818 文政 元 32 服部家の家政再建を開始
大久保忠真公より善行表彰される
1819 文政 2 33 長男「徳太郎」が誕生するが間もなく病死する
「きの」と離婚
1820 文政 3 34 波子と再婚する
斗舛を改良し賞せられる
1821 文政 4 35 桜町(現真岡市)の調査開始
嫡子「弥太郎」誕生
1822 文政 5 36 小田原藩に登用される
名主格役として桜町領の復興を命じられる
1823 文政 6 37 田畑、家財など一切を売払い、一家をあげて桜町へ移住する
1824 文政 7 38 長女「文子」が誕生する
1826 文政 9 40 御組徒格に昇進する
1827 文政10 41 村役人の辞表続く
豊田正作赴任で仕法困難に陥る
1828 文政11 42 辞表届け提出するも却下される
1829 文政12 43 成田山で断食参篭
この件以降、復興事業は順調に推移する
1831 天保 2 45 桜町領第一期仕法終了
忠真公より「以徳報徳」の賛辞を受ける
1833 天保 4 47 青木村(茨城県桜川市)の仕法開始
茄子を食べ凶作を予知する
1834 天保 5 48 三才報徳金毛録を著す
徒士格に昇格
報徳訓を著作する
1835 天保 6 49 茂木藩の仕法開始
1836 天保 7 50 報徳訓完成
烏山藩の救済
1837 天保 8 51 小田原藩内の貧民を救済
大久保忠真公が亡くなる
1842 天保13 56 幕臣に登用
いみなを尊徳と名乗る
1844 弘化 元 58 日光仕法雛型作成を受命
1845 弘化 2 59 相馬藩の復興仕法を開始する
1846 弘化 3 60 日光仕法雛形完成(60冊を献上)
1848 嘉永 元 62 東郷陣屋に一家して移転する
1852 嘉永 5 66 弥太郎も文子も結婚する
1853 嘉永 6 67 日光仕法着手
日光奉行手付に転任
「文子」が亡くなる(享年30歳)
1855 安政 2 69 今市報徳役所に移転する
1856 安政 3 70 御普請役に昇進する
10月20日永眠