遠藤 新(えんどう あらた)氏 1889~1951年

 遠藤 新氏
「建築家遠藤新作品集」より

略歴

・福島県相馬郡福田村(現新地町)出身
・第二高等学校を経て東京帝国大学建築学科卒業
・明治神宮の建設に関わる
・帝国ホテルを設計したフランク・ロイド・ライトの設計事務所に勤める(1917~)
・文部省学校建築企画協議会員を務める(1949~)
 

代表作品

自由学園明日館(東京都西池袋/1922年/F.L.ライトと共作/重要文化財)
旧山邑邸(兵庫県芦屋市/1924年/一般公開/重要文化財)
自由学園目白講堂(東京都豊島区/1927年/重要文化財)
自由学園南沢キャンパス(東京都東久留米市/1930年/国登録文化財)
甲子園ホテル(現・武庫川学院甲子園会館/兵庫県西宮市/1930年)
笹屋ホテル(現・戸倉温泉笹屋ホテル豊年虫/長野県千曲市/1932年/国登録文化財)
如蘭塾(佐賀県武雄市/1942年/国登録文化財)
 

久保講堂の設計

 世界的水準の建設美を誇る久保講堂の設計施工は、当時の日本建設界に名声高かった遠藤新博士によるものです。彼は、帝国ホテルを設計した米国人建築家フランク・ロイド・ライト(1867~1959)博士の高弟の一人です。建築にあたっては、その土地と自然と人と環境との融合を図り、建材・工法は欧米の近代建築様式を取り入れた素晴らしい建物です。
 また、ステージの半円形の構造などにより、音響効果にも優れ、音の反響、増幅を利用し、遠くまで聞こえるよう綿密に計画、設計された建物です。両側の塔は、単に展望台があるだけでなく、換気に大きな役割を果たしています。使用する児童のことを第一に考えた設計なのです。使用した木材についても、その後の反りまで考慮し、木材をそろえ、木取りをして建築しました。