久保貞次郎氏略歴

久保貞次郎氏

「久保貞次郎 美術の世界」より

 1909年
(明治42)
・5月12日 足利市 小此木家に生まれる
 1933年
(昭和8)
・東京帝国大学 文学部 教育学科卒業
・佳代子(大正2生まれ)と結婚 久保と改姓
 1938年
(昭和13)
・真岡小学校校庭に久保家の寄付で遠藤新設計の「久保講堂」を竣工
・記念事業として「児童画公開審査会」を始める
・「久保賞」を創設
 【審査員】羽仁五郎、小此木眞三郎(実弟)、北川民次、瑛久など
・美術研究のため北米、欧州訪問の際にフランク・ロイド・ライトや国吉康雄らと出会う
 1952年
(昭和27)
・「創造美育協会(創美)」創立 全国で創美ゼミナールを開催
・池田満寿夫、靉嘔(あいおう)、滝口修造らと交流
・11月 真岡町教育委員に公選制で就任(~54年3月)  
 1977年
(昭和52)
・跡見学園短期大学 学長に就任(~85年)
 1986年
(昭和61)
・町田市立国際版画美術館 館長に就任(~93年)
・久保講堂移築  
 1996年
(平成8)
・10月31日 逝去 享年87歳 (長連寺に納骨)