物部地区コース

 物部地区には真岡市内では唯一国指定文化財があります。

親鸞聖人、二宮尊徳ゆかりの地を訪ねましょう。

見学場所 見学時間
二宮尊徳資料館 9:00~9:30
史跡桜町陣屋跡 9:35~10:00
桜町二宮神社 10:05~10:15
高田山専修寺(車で移動) 10:30~11:30
三谷草庵(車で移動) 11:45~12:15

 

二宮尊徳資料館

 二宮尊徳資料館は、平成12年5月に、桜町二宮神社の境内の一角に会館した。内部は、①二宮への道、②桜町陣屋での実践(仕法)、③尊徳関連の資料、④尊徳の足跡の4つのコースからなっている。二宮尊徳仕法発祥の地として、尊徳の思想や教えを世界に発信する施設である。

 

 

 

 

 

史跡桜町陣屋跡(国指定史跡)

 桜町陣屋は、小田原藩主大久保家の分家である旗本の宇津家が桜町3ヶ村(横田・物井・東沼)を統治するために元禄12年(1699)に建てた役所である。現在ある建物は、尊徳が赴任してきた文政6年(1823)に建てられ、その後数回増改築及び修理が行われたものである。現在の建物の規模は、天保10年(1839)の屋根葺き替えの記録と一致している。

 当時は、敷地内に村役人詰め所、板蔵、材木小屋等、12棟余りあったと伝えられている。また四方に巡らしてあった土塁は、前方(南)と西の一部に旧態をとどめ、その上に立つ桜がはるになると咲いて、盛時を偲ばせている。昭和7年(1932)に国指定史跡となる。

 

 

桜町二宮神社

 明治三十(1905)年の尊徳を祀って、桜町陣屋内に創建されます。昭和十(1935)年、現在の位置に移されました。

 

 

 

 

 

 

 

高田山専修寺(国指定史跡)

 浄土真宗の開祖である親鸞が建立したと伝えます。寺には、重要文化財である御影堂・如来堂・楼門・総門はじめ数多くの文化財があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

三谷草庵(国指定史跡)

 専修寺の飛び地で、専修寺の建立中、親鸞が仮住まいした場所と伝えられています。