栃木SCホームゲーム 真岡市民デー【結果報告】

平成28年8月7日(日曜日)、栃木SC(栃木サッカークラブ)の経験豊富なプレースタイルと卓越した技術を市内の子どもたちにその目で直接見て学んでもらうことを目的に、平成28年度も『真岡市民デー』が開催されました。今年はさくら市民デーと同時開催で行い、例年に増して盛り上がりました。

試合のようす

今回の対戦相手は、「FC東京U23」。真岡市民の方をはじめサポーターたちの勝利への期待を乗せ、午後5時に試合がはじまりました。前半は、相手の攻撃に苦戦しながらも、少ないチャンスからPKを獲得し栃木SCが先制点をあげました。後半は攻勢を強めた相手が押し込む時間帯が続き、後半37分にPKで失点しました。1-1のドローとなりました。

                   

  子どもたちのようす

今回は、真岡市内サッカークラブの子どもたちの中から5名が試合前の練習に向かう選手とのハイタッチをすることができとても嬉しそうでした。他の子どもたちも栃木SCサポーターの皆さんや観客に混じって、選手のプレーに感嘆の声をあげたり、選手たちへエールを送ったりといきいきとした表情を浮かべながら、試合を観戦しました。            

 PRタイム

試合開始前には、井田市長が栃木SCのレプリカユニフォームを着て、もおかぴょんと市内サッカークラブの子供たち5名と一緒にピッチへ!約5千人の観客に向けて真岡市をPRするとともに、栃木SCの選手たちへ活躍を期待する熱いメッセージを送りました。

 市長あいさつ