6月14日(火)に市内中学2年生を対象とした、移動音楽鑑賞教室がありました。
公演の様子をご案内します。

和太鼓×マリンバ GONNA(ガナ)たたいて音楽

笑い鳥(浅岡栄子)/地響(小林辰哉)/地平(浅岡栄子)

 

 冒頭から、快活な和太鼓とマリンバの音色が激しく鳴り響きました。

 和太鼓とマリンバの和洋協演は、なかなか聴く機会がありません。

 活気あふれる公演を予感させるスタートでした。

みんなの歌/リサイクルⅡ/ヒットメドレー

 小さい頃に聞いたことのある童謡や、テレビドラマなどでよく聞くJPOPなど、生徒さんが馴染みのある曲を打楽器に編曲して演奏してくださいました。

 また、ゴミ箱のように、一見音楽とは縁のなさそうなものを楽器に見立てての演奏もありました。

楽器紹介・ワークショップ

 

 演奏者さんから各楽器の紹介とワークショップがありました。

 演奏者さんがクイズを出した時も、ワークショップの時も、生徒さんからたくさんの手が挙がり、演奏者さんに負けないノリの良さを見せてくれました。

花束贈呈

 

 最後の曲の後、花束贈呈、そしてアンコール曲の演奏があり、終演となりました。

 花束贈呈では、今年の代表の真岡中学校の3人から、心のこもったお礼の挨拶と花束の贈呈があり、とても素敵な音楽教室となりました。

 ありがとうございました。

演奏者

和太鼓:

 小林 辰哉さん(長野県出身。10歳より「鬼島太鼓」で和太鼓を始める。高校卒業と同時に渡米。アメリカ全土はもとより、メキシコ、イスラエル、フランスなど世界各国での演奏をはじめ、カーネギーホールなど世界各国の有名ホールでも公演を行う。2003年、新チームGONNAを結成し、打頭として主に作曲を担当。マガジン愛読者。)

 木村 勇介さん(名古屋市出身。3月3日のひなまつり生まれ。10歳より「大須太鼓保存会」で和太鼓を始める。13歳の時、大須の太鼓グループ「須鼓路」結成メンバーとなり、小林辰哉に指導を受ける。2006年、GONNAオーディションに合格。)

 竹内 浩二さん(武豊町出身。8歳より和太鼓を始める。11歳より小林辰哉に指導を受ける。2016年6月より正式メンバー。)

 遠藤 凌哉さん(神奈川県出身。高校1年より和太鼓を始める。光明学園相模原高等学校和太鼓部に在籍中、第23回神奈川県高校郷土芸能発表会にて最優秀賞・県教育長賞を受賞、第28回国民文化祭山梨大会に出場、第35回高校総合文化祭島原大会にて全国高校文化連盟賞受賞など受賞多数。2016年3月より正式メンバー。)

マリンバ:

 浅岡 栄子さん(名古屋音楽大学器楽科打楽器専攻を首席で卒業、特待生。第75回読売新人演奏会・第27回読売中部新人演奏会・ 第25回新人演奏会に出演。コンチェルトのソリストや滋賀・三重・愛知などで毎年ソロライブを開催。)

和太鼓×マリンバGONNA(ガナ):

 2003年名古屋で結成。アメリカ、台湾、オマーンなど国外にも招かれ好評を博している。「音楽は傷を治すことはできないけれど、人を励まし生活を豊かにすることができる。 GONNAの音楽もまた世界中の人々の心をときめかせ、元気付けるものでありたい。」

 主催

栃木県教育委員会・真岡市教育委員会・公益財団法人日本青少年文化センター