栃木SCホームゲーム 真岡市民デー【結果報告】

平成27年8月23日(日曜日)、栃木SC(栃木サッカークラブ)の経験豊富なプレースタイルと卓越した技術を市内の子どもたちにその目で直接見て学んでもらうことを目的に、平成27年度も『真岡市民デー』が開催されました。

試合のようす

今回の対戦相手は、岐阜県の「FC岐阜」。真岡市民の方をはじめサポーターたちの勝利への期待を乗せ、午後6時に試合がはじまりました。前半は、栃木SCが主導権を握り、再三ゴールに迫りましたが得点には至らず、スコアレスドローで前半を折り返しました。後半は、FC岐阜が中盤の選手を軸にゴールに迫りました。後半16分にはクリアミスから一点を失いました。これが決勝点となり、1-0で敗北となってしまいました。

選手集合写真

                   

  子どもたちのようす

今回は、真岡市内サッカークラブの子どもたちの中から18名が試合前の練習に向かう選手とのハイタッチをすることができとても嬉しそうでした。他の子どもたちも栃木SCサポーターの皆さんや観客に混じって、選手のプレーに感嘆の声をあげたり、一生懸命に競技する選手たちエールを贈ったりといきいきとした表情を浮かべながら、試合を観戦しました。

ハイタッチ写真

              

 PRタイム

試合開始前には、井田市長が栃木SCのレプリカユニフォームを着て、コットベリーと市内サッカークラブの子供たち9名と一緒にピッチへ!約5千人の観客に向けて真岡市をPRするあいさつと栃木SC選手たちのますますの活躍を期待する熱いメッセージが贈られました。

 市長あいさつ