二宮尊徳

尊徳肖像(廻村の図)物部小学校所蔵

二宮尊徳の教え

 報徳「徳を以って、徳に報いる」

 物や人そのものにそなわっている「持ちまえ、取りえ、長所、美点、価値、恵み、おかげ」などを「徳」として、その「徳」をうまく使って社会に役立てていく(お返しをする)ことを「報徳」と呼びました。

万象具徳(ばんしょうぐとく)

 「あらゆるものに徳はある」と考えました。これを「万象具徳」といいます。

 積小為大(せきしょういだい) 「小を積んで大と為す」

 小さな努力をこつこつと積み上げていけば、いずれは大きな収穫や発展に結びつくという教えです。大事を成しとげようと思うなら、まず小さな事を怠らず努めることが大切です。

 一円融合

 すべてのものは互いに働き合い、一体となって結果が出るという教えです。例えば、植物が育つには、水・温度・土・養分・炭酸ガスなどいろいろなものがとけ合い、一つになって育ちます。どれもが大切なのです。

 心田開発

 やる気こそが復興の鍵となるという教えです。

 報徳の道は至誠と実行  

 「報徳思想」とは「至誠(しせい)」を基本とし、「勤労(きんろう)」「分度(ぶんど)」「推譲(すいじょう)」を実行するという考え方で、この「報徳思想」を実践するのが「報徳仕法」です。二宮尊徳は報徳思想を広め、実践することにより、ききんや災害などで困っていた多くの藩や村を復興しました。

  • 至誠  「まごころ」のこと。二宮尊徳の仕法や考え方、そして生き方の中心となるもの。
  • 勤労  物事をよく観察・認識し、社会の役立つ成果を考えながら働くこと
  • 分度  自分の置かれた状況や立場をわきまえ、それぞれにふさわしい生活をすることが大切。
        また、収入に応じた一定の基準(分度)を決めて、その範囲内で生活することが必要。
  • 推譲  将来に向けて、生活の中で余ったお金を家族や子孫のために貯めておくこと(自譲)。
        また、他人や社会のために譲ること(他譲)。 

 

  二宮尊徳については二宮尊徳資料館へ