プチハイキングやピクニックへ行こう! 

  観察路が整備された里山の自然の中を、のんびり歩いてみませんか

  

木漏れ日の中を通る観察路。

  

田園風景や山並みを見に行こう。

   

ひと休みは、こんなところでどうぞ。

  

お花畑の原っぱでピクニックはいかが?

  

秋の里山でどんぐりやキノコを見つけよう。

  

雪が積もったら、動物の足跡が見つかるかも。

 

 根本山を歩くための身じたくリスト

服装

  • どんな季節でも、長袖シャツ、長ズボン、帽子着用が基本です。虫よけ、枝やとげによるケガ、日焼けから身を守るために有効です。暑い季節には、日差しを遮ることができ、熱中症予防にもなります。
  • 脱ぎ着できる上着もあると便利です。
  • 香水や整髪料などは使わないようにしましょう。匂いにハチが寄ってきます。

 

  • 運動靴か軽登山靴など履きなれた靴。サンダル、ヒールはだめです。 意外に長靴も便利です!
  • 靴下は夏でも履きましょう。靴の中に小石や小枝が入ってもけがをしません。

 

バック

  • リュックサックやショルダーバックのように両手が自由になるもの。つまづいて転びそうになったとき、すぐに手をついたり、つかまったりできます。手に何も持っていないほうが、周りに集中できるので、生き物を見つけやすくなりますよ!

 

飲み物

  • 飲み物は必ず持参してください。暑い時期は、水分をとらないと熱中症になります。
  • 水を持っていれば、ケガをしたり、植物にかぶれたり、虫に刺された時に、患部を洗い流すことができます。
  • 観察路やセンターには自動販売機はありません。

 

その他

  • お弁当、おやつ、タオル、レジャーシートなど。春から秋までカやアブがいますので、気になる方は虫除け対策をして来てください。
  • センターでは散策マップを配布しています。また、双眼鏡、ポケット図鑑などの観察用具も無料で貸し出しています。歩き始める前に、ぜひ、センターにお立ち寄りください。おすすめ自然情報も提供していますよ!

 

根本山を歩くときのマナーとルール

ごみは持ち帰る

  • ごみ箱はありません。ごみは必ずお持ち帰りください。
  • 食べ物を落としたり捨てたりしないでください。根本山の野生生物が、誤って人間の食べ物を食べてしまうと、生態に悪影響を与えます。また、人里に出て作物や家畜を食い荒らしたり、食べ物目当てに人間に危害を加えたりします。

 

生き物をとらない・持ち込まない

  • 野生生物は、生息地の自然のつながりの一部に組み込まれています。捕獲や採集することで絶滅したり、個体数が減ったりして生態系のバランスが崩れてしまいます。
  • 同じ種類だからといって、よそから持ち込んで放したり、飼育放棄した生き物(ペット・家畜)を捨ててしまうことも、生き物のつながりのバランスを崩し、結果的に自然破壊になります。

 

ペットを放さない

  • ペットはリードをつけるか、抱っこをして、決して放さないでください。
  • 糞はそのままにしないで、必ず片付けてください。
  • 野生生物の保護のため、観察路でのペットの散歩はご遠慮ください。ご理解とご協力をお願いします。

 

火気厳禁

  • バーベキュー、焚き火、花火などの火気の使用は禁止です。

 

観察路では

  • 野生生物の保護と散策する人の安全のため、観察路への自転車、バイク、車の乗り入れはしないで下さい。

 

散策マップ

 イラストマップ [6255KB pdfファイル] 

 

 

 

 

このページのトップへ