最新自然情報  

 

  

自然情報 2017年9月5日 

 トンボの水辺の水路や林縁で、オニヤンマが飛び交っています。オス同士は追いかけあって縄張り争いを、メスは腹部を泥に突き刺して産卵をしていました。すると別の方向から来たメスが、目の前を通り過ぎて、枝先にとまったので、そっと近づいて見ると、複眼が虹色に輝いていました。

 

 

写真をクリックすると詳しい解説が見られます。

キビタキ

2017.5.25

 

コマルハナバチのオス2017.6.6

 

アキアカネ

2017.6.27

     

ルリビタキ

2017.1.8

 

コナラの花

2017.4.23

ウワミズザクラ

2017.4.27 

     

コバギウボウシ

2016.7.26

 

アブラゼミ

2016.7.30

 

ナミルリモンハナバチ

2016.8.25

     

シジュウカラ

2016.5.13

オンブバッタ

2016.5.20 

 

ヒカゲチョウ

2016.6.11

     

ミヤマセセリ

2016.3.31 

ヤマザクラ

2016.4.8 

 

サシバ

2016.4.9

     

タンポポ

2016.3.3

ウグイスカグラ

2016.3.8 

オオカンザクラ

2016.3.20 

     

 

モズ

2016.2.10

ハンノキ

2016.2.23 

ウメ

2016.2.26 

     

間伐

2016.1.23

 

キタキチョウ

2016.1.28

カワセミ

2016.2.6 

     

オオスズメバチ

2015.9.29

 

ツグミ

2015.12.3

 

オオムラサキの幼虫

2015.12.6

     

コバギボウシ

2015.7.25

 

ヒメナミキ

2015.7.29

 

ミンミンゼミ

2015.9.2

     

カナブン

2015.6.26

 

ニイニイゼミ

2015.7.15

 

アブラゼミ

2015.7.17

     

 

 

  

自然情報 2017年6月27日 

 トンボの水辺でアキアカネが見られます。これから那須や日光などの高山に移動し、秋になるころに平地に戻ってきます。羽化したてなので、地面近くを弱弱しく飛んだり、草にとまったりしていました。これから長旅です。がんばって!

  

 このページのトップへ


   

  

自然情報 2017年6月6日 

 イボタノキの花にコマルハナバチが来ていました。体がレモンイエローなのでオスです。メスは、体が真っ黒でお尻の先がオレンジ色なので見分けるのは簡単です。ハチの仲間は、オスは針を持っていないので、刺されることはありません。安心して観察してください。

 このページのトップへ


   

  

自然情報 2017年5月25日 

 センター周辺のヒノキ林でキビタキがさえずっていたので、声をたよりに探してみたら、ついに姿を発見!木漏れ日のような色がとてもきれいでした。

 

このページのトップへ


   

  

自然情報 2017年4月27日 

 ウワミズザクラが見ごろです。小さな花が房状に集まって咲いています。若葉と一緒に風に揺れる姿がとってもすがすがしいです。

このページのトップへ


   

  

自然情報 2017年4月23日 

 コナラの若葉は綿毛に覆われているので触るとふわふわです。雄花は列になって紐のようにぶら下がって咲いています。雌花は先端の若葉の根本にある赤い点です。ぜひ実物を見てください。赤くふくれていて、とってもかわいいですよ。

 

このページのトップへ


  

 

 

自然情報 2017年1月8日 

 里山の青い鳥、ルリビタキが見られました。場所はトンボの水辺です。暗いヒノキ林や藪に隠れながら「ヒッ、ヒッ、ヒッ」と鳴いていましたが、意を決したのか、目の前の切り株に出てきて、新年のあいさつをするようにおじぎをしながら、こちらを不思議そうに見ていました。

 

このページのトップへ


  

 

 

自然情報 2016年8月25日 

 幸せの青いハチと言われるナミルリモンハナバチ。理由は全国的に分布が局所的で、個体数が少なく、見つけたらとてもラッキーだからです。そして、鮮やかな青い体毛が青い鳥を連想させるからです。根本山ではアキノタムラソウのお花畑をチェックしてください。ミツバチくらい大きさで、花から花へ素早く飛ぶ黒っぽいハチがいたら、ナミルリモンハナバチかもしれませんよ。

このページのトップへ


  

 

自然情報 アブラゼミが鳴いています。 2016年7月30日

 梅雨が明け、夏本番になりアブラゼミが元気に鳴いています。「昆虫の林」の樹液では、たくさんのカナブンに交じって、カブトムシやルリタテハが見られることがあります。トンボの水辺ではオニヤンマが優雅に飛び回り、時々水浴びをしているのが見られます。

このページのトップへ


  

 

 

自然情報 コバギボウシ 2016年7月26日

 チョウの谷でコバギボウシが咲いています。雑木林ではニイニイゼミが合唱し、樹液にはカナブンやオオムラサキが来ています。観察路を歩いているとヤマユリの花の香りが漂ってきます。

 

このページのトップへ


  

 

自然情報 ヒカゲチョウ 2016年6月11日

 樹液にヒカゲチョウが5匹来ていました。オオスズメバチが来ると一斉に逃げてしまいましたが、すぐに集まってきて仲良く樹液を吸っていました。

 

このページのトップへ


  

 

 

自然情報 オンブバッタの幼虫 2016年5月20日

 日当たりのよい草地では、オンブバッタの幼虫が見られるようになりました。

 

このページのトップへ


  

 

 

自然情報 シジュウカラ 2016年5月13日

 シジュカラが木のてっぺんや枝先で、「ツーピー、ツーピー、ツーピー」と、盛んにさえずっています。

このページのトップへ


  

 

自然情報 サシバ 2016年4月9日

 根本山に夏鳥のサシバがやってきました。トンボの水辺上空を「ピッ、クィー、ピッ、クィー、」と何度も鳴きながら、3羽が旋回していました。

このページのトップへ


  

 

 

 

自然情報 ヤマザクラ 2016年4月8日

 今年はソメイヨシノと同時にヤマザクラも見ごろになっています。ヤマザクラは白い花と一緒に赤い若葉が見られるので、繊細な風情がありますよ。

このページのトップへ


  

 

自然情報 ミヤマセセリ 2016年3月31日

 日当たりのいい草地でミヤマセセリが見られます。キタキチョウやルリタテハも飛び始めました。近づくとすぐに逃げてしまうので、双眼鏡で観察するのがおすすめです。センターでは観察用具を無料で貸し出しています。双眼鏡はもちろん、虫眼鏡、ポケット図鑑もありますので、ぜひお立ち寄りください。

  

このページのトップへ


  

 

 

自然情報 オオカンザクラ 2016年3月20日

 もみじの広場でオオカンザクラが見ごろです。

このページのトップへ


  

 

自然情報 ウグイスカグラ 2016年3月8日

 昆虫の林でウグイスカグラが咲いています。

このページのトップへ


  

 

自然情報 タンポポ 2016年3月3日

 もみじの広場でタンポポが咲き始めました。

このページのトップへ


  

 

自然情報 ウメ 2016年2月26日

 オニヤンマの沢でウメの花が見ごろです。近くを通ると、とてもいい香りがします。

このページのトップへ


  

 

自然情報 ハンノキ 2016年2月23日

 トンボの水辺でハンノキが咲いています。赤くて小さな粒が雌花。垂れ下がったひものようなものが雄花です。 

このページのトップへ


  

 

 

自然情報 モズ 2016年2月10日

 枯木や雑木を伐採して片づけた場所に、モズがやってきました。つづいてジョウビタキやシロハラも・・・みんな、地面に降りて何かをついばんでいました。なぎ倒された木から、虫たちが落ちたのでしょうか?

このページのトップへ


  

 

自然情報 カワセミ 2016年2月6日

 トンボの水辺で、カワセミがアメリカザリガニを食べていました。止まっているのは、アメリカザリガニを紹介した看板でした。

 

このページのトップへ


  

 

 

自然情報 間伐 2016年1月28日

 シキザクラの林でキタキチョウが越冬していました。

このページのトップへ


  

 

 

自然情報 間伐 2016年1月23日

 周辺のヒノキ林が間伐されて明るくなりました。

このページのトップへ


  

 

自然情報 オオムラサキの幼虫 2015年12月6日

 オオムラサキの幼虫が落ち葉の裏で冬越ししています。

このページのトップへ


  

 

自然情報 ツグミ 2015年12月3日

 ツグミの群れがもみじの広場に来ていました。時々地面におりて何かをついばんでいました。

 

このページのトップへ


  

 

自然情報 オオスズメバチ 2015年9月29日

 樹液にオオスズメバチが来ています。不用意に近づくと威嚇されることもあり注意が必要です。特に昆虫の林で、樹木の近くを通る時は気をつけましょう。

 

このページのトップへ


  

 

 

自然情報 ミンミンゼミ 2015年9月2日

 ミンミンゼミがセンター付近で鳴いていました。にぎやかな鳴き声を聞くと、より蒸し暑さを感じてしまいます。ミンミンゼミは鳴き終わるとすぐに飛んでしまうので、なかなか姿を見ることができません。

 

このページのトップへ


  

 

自然情報 ヒメナミキ 2015年7月29日

 トンボの水辺でヒメナミキ(姫波来)が、さざ波が立つように涼しげに咲いています。

このページのトップへ


  

 

自然情報 コバギボウシ 2015年7月25日

 コバギボウシが咲いています。沢沿いで日当たりのいい場所で見られますので、猛暑日の観察は帽子と飲み物をお忘れなく。

 

このページのトップへ


  

 

 

自然情報 アブラゼミ 2015年7月17日

 夜、アブラゼミが羽化していました。間もなく鳴き声も聞こえるでしょう。そうなれば夏本番です。

このページのトップへ


  

 

自然情報 ニイニイゼミ 2015年7月15日

 ニイニイゼミがにぎやかに鳴いています。連日猛暑が続きセミたちは元気に鳴いています。

このページのトップへ


 

 

 

自然情報 カナブン 2015年6月26日

 樹液にカナブンとヒオドシチョウが来ていました。昨日はオオムラサキが見られたとの情報がありましたが、本日は見られませんでした。これからは樹液を観察するのが楽しみな季節です。

このページのトップへ